方南町 胃腸内科・内視鏡クリニック|杉並区 中野区 消化器内科 胃カメラ 大腸内視鏡検査

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:00、14:00~18:30|土曜は9:00~12:00、13:30~15:30|水曜、日・祝は休診

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの電話番号03-3317-0311

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックは方南町駅より徒歩30秒の便利なところにございます

お問合せはこちら

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、強い酸性の胃液(胃酸)が食道に逆流してしまい、食道に炎症が起こり胸やけや胸の痛みなど、様々な症状が生じる病気です。

正常であれば、下部食道括約筋が胃の内容物の逆流を防ぐ「逆流防止弁」の役割を担っており、逆流しないようになっています。
しかし、逆流性食道炎の場合は、なんらかの原因でその役割が果たせなくなり、胃酸が逆流した結果食道が傷つけられてしまいます。

主な症状

  • 胸やけ
  • 呑酸(のどや口まで酸っぱいものがあがってくる)
  • 胃がもたれる
  • 胸が痛む、胃が痛む
  • 咳、のどの痛みや違和感

胃液には、胃酸という食物を消化するための強い酸が含まれています。

胃壁は粘液を分泌することで、胃酸から胃を守っていますが、食道にはそうした働きがありません。そのため、胃液が逆流すると食道の粘膜に傷がついてしまい、粘膜の炎症が起きます。

かつては欧米でよく見られた病気でしたが、近年は日本でも増加の傾向にあります。
日本での逆流性食道炎の増加の理由は、食事スタイルの欧米化、社会全体の高齢化などがあるとされています。

逆流性食道炎の主な原因

大きく分けると、以下の3つがあげられます。

胃酸の出すぎ(過剰分泌)

欧米化した食生活、すなわち肉や脂っこいものなど脂肪分の多い食品を日常的に摂取するような食生活を送っていると、胃の活動が活発になりすぎて胃酸の分泌量が増加し、胃酸の逆流が起きやすくなります。

同様に、食物の過剰摂取も胃の活動を活発にし、胃酸の過剰分泌を招きます。

逆流を防ぐ筋肉の機能低下

下部食道括約筋とは食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋肉です。この下部食道括約筋の逆流防止機能が、老化や胃の手術などにより弱まってしまうと、胃酸の逆流が防げなくなります。逆流性食道炎の患者様に高齢者が多いのはこのためです。

胃の圧迫(お腹の圧力の上昇)

腹圧の上昇も逆流性食道炎の原因として考えられます。
具体的には、肥満のベルトなどによる腹部の締め付けや、しゃがんだり重いものを持ったりするなど力むことにより胃が圧迫され腹圧が上昇し、胃酸の逆流が起こりやすくなるというものです。

逆流性食道炎の予防

逆流性食道炎の予防は、主に生活習慣の改善が挙げられます。
下記の生活習慣に気をつけましょう。

  • 脂っこいものや甘いもの、刺激の強いものを摂りすぎない
  • 食べ過ぎに注意する
  • 食べてすぐに横にならない
  • 寝るときに少し上半身を高くして寝る
  • お腹をしめつけない
  • タバコを止める

逆流性食道炎の診断

症状からある程度逆流性食道炎ではないかとの予想はつきますが、それ以外の病気がないかも確認しなければなりません。逆流性食道炎と診断し、適切は治療をする為には胃の内視鏡検査(胃カメラ)を行うことが大切です。

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療には、胃酸を抑える薬を使って治療を行います。
いったん治っても再び症状がでることが多いので、日常生活に気をつけて、症状がでたときには受診しましょう。

当院では苦痛の少ない検査方法で胃内視鏡検査が出来るように心掛けております。
お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ戻る