方南町 胃腸内科・内視鏡クリニック|杉並区 中野区 消化器内科 胃カメラ 大腸内視鏡検査 胸やけ 下痢 おう吐 便秘

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:00、14:00~18:30|土曜は9:00~12:00、13:30~15:30|水曜、日・祝は休診

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの電話番号03-3317-0311

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックは方南町駅より徒歩30秒の便利なところにございます

お問合せはこちら

胃潰瘍

胃潰瘍は、胃酸(食べ物を粥状に消化するために分泌)が何らかの原因によって胃粘膜まで消化してしまい、胃壁がただれて傷つき、ひどいときには筋肉までえぐりとってしまう状態です。

症状の三大特徴は、痛み、出血、酸が出すぎることにより起こる症状といわれます。
治癒と再発を繰り返す潰瘍は、ピロリ菌感染による影響も指摘されています。

症状

  • みぞおちから左にかけて鈍い痛みがある
  • 胸焼け、すっぱいゲップ、吐き気などを感じる
  • 黒褐色の血を吐くことがある
  • コールタールのような黒い便(タール便)が出る

考えられる原因

健康な胃は、胃酸から胃を守るために粘液を分泌して胃粘膜の表面を覆っています。

通常、胃酸と胃粘液はバランスがとれていますが、過労やストレスなどで自律神経の働きが乱れると、胃酸と胃粘液のバランスがくずれて胃酸が多すぎる状態となり、その結果、胃酸が胃の粘膜を傷つけて潰瘍ができます。

また、脳や肺、肝臓などの慢性病や、解熱消炎鎮痛薬・降圧剤などを継続して服用していると胃酸過多な状態になり、胃潰瘍の起きる原因になることもあります。

治療について

内視鏡検査で潰瘍が見つかった場合には、がん細胞がないか直接組織をとって調べます。
また、ピロリ菌の感染の有無も調べることが出来ます。

がん細胞がなければ、ほとんどは胃酸を抑える薬と食事療法を 含む生活指導で治療します。

最近は潰瘍に対して効力を発揮する強力な薬がありますので、かつてのように入院や手術の必要な患者さんは減ってきています。

しかし、胃に穴があいてしまうほどのひどい潰瘍は、入院や手術が必要になります。

専門である消化器外科医としての経験を生かし、このような場合は早急に高度医療機関をご紹介させていただきます。

このページの先頭へ戻る