方南町 胃腸内科・内視鏡クリニック|杉並区 中野区 消化器内科 胃カメラ 大腸内視鏡検査

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:00、14:00~18:30|土曜は9:00~12:00、13:30~15:30|水曜、日・祝は休診

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの電話番号03-3317-0311

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックは方南町駅より徒歩30秒の便利なところにございます

お問合せはこちら

胃けいれん

胃けいれんは、胃の壁にある筋肉層が異常に緊張して痛みを発する状態が、けいれんを起こしているかのように感じるため、そう呼ばれています。

胃けいれんは症状に対する呼び名で、それ自体が病気ではありませんので、しっかりとした治療を行うためにも、原因となる病気を見つけることが大切です。

胃けいれんの症状と原因

  • みぞおちのあたりを中心に痛みの発作が起きる
  • 発作の時間は数分から長いものでは1~2時間続くこともある

考えられる原因

胃けいれんは胃炎や胃潰瘍、胃がんといった胃の病気の他に、十二指腸潰瘍や胆石症、膵炎などの病気である可能性も考えられます。

その他、強いストレスを感じて緊張しすぎた場合にも起こることがあり、この場合は検査等でも異常はあまり発見されません。

治療について

まずは鋭い痛み抑えるために鎮痛薬を用います。
その後、血液検査や内視鏡検査を行い胃けいれんが起こる原因を調べ、原因に対する治療を行います。ストレスが原因の場合は、その解消に努めることが大切となります。

痛みを緩和したり、胃の緊張をほぐす薬を用いても、あくまで一時的な対処でしかなく、その後放っておくと病状が悪化する可能性が高くなります。

胃に痛みが出たらそのままにせず、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ戻る