方南町 胃腸内科・内視鏡クリニック|杉並区 中野区 消化器内科 胃カメラ 大腸内視鏡検査

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:00、14:00~18:30|土曜は9:00~12:00、13:30~15:30|水曜、日・祝は休診

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの電話番号03-3317-0311

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックは方南町駅より徒歩30秒の便利なところにございます

お問合せはこちら

おしりが痛い

おしりが急に痛くなったご経験はありませんか?

痔かもしれない、がんかもしれないと心配される方も多くいらっしゃいます。腫れている場合と腫れていない場合とさまざまです。

しかし、腫れているかどうかも自己診断は難しいものです。

おしりは痛みを感じる場所と感じない場所があります

おしりには痛みがある場所と無い場所があります。

痛みを感じる神経が通っている場所は腸との肛門の境目(歯状線とよばれています)から外側(皮膚側)です。この歯状線から外側に異常があると痛みが現れるのです。

おしりは座ったりちょっとした動作でも力がかかりやすく、その都度痛むのは辛いですのでまずはご相談ください。

腫れのない痛みの場合に考えられる病気や原因

見た目には腫れていないのに "便をすると痛む"、"肛門に力を入れると痛む"、"長く座っていると重苦しい痛みが生じる" という場合があります。

裂肛(キレ痔)

裂肛(キレ痔)は出血を伴う場合も伴わない場合もあります。この場合は排便時だけでなくその後もしばらく痛みが続くのが特徴です。

肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍(痔瘻<あな痔>が原因で起きることが多い)の初期では腫れがあまり目立たないで、痛みのみを訴えることがあります。

腫れて痛い場合に考えられる病気や原因

血栓性外痔核

血栓性外痔核(けっせんせい-がいじかく:小さないぼ痔)はひどく痛む場合もあれば、痛みがない場合もあります。

この場合は排便に関係なく痛みがあり治療を行わなければ痛みが継続します。

内痔核嵌頓

内痔核嵌頓(ないじかくかんとん:大きく、腫れたいぼ痔が肛門の外に飛び出してきてしまう)は痛みがない場合もあります。

肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍(痔瘻<あな痔>が原因で起きることが多い)が進行すると腫れを伴い痛みが増強してきます。この場合痛くて座れない、痛くて眠れないほどの痛みを感じることもあります。

おしりにできた粉瘤

おしりにできた粉瘤(ふんりゅう:皮膚の分泌物がたまったしこり)の感染などでも同様の症状が起きることもあります。

座るという当たり前の動作に苦痛が伴うのはとても辛いことです。

ですが、座っている最中ずっと痛みが続くこともあれば、時々思い出したかのように痛むという場合もあり、症状の出方は様々です。

ただ、もともとおしり自体、けがをすることもあまりありませんし、痛みを感じるのは明らかな異常。身体からのサインだと受け止めて、症状が悪化する前に早めにご相談ください。

当院ではなるべく恥ずかしくないように治療を受けていただけるように配慮しております。

専門的な治療が必要な時は連携医療機関へのご紹介もいたします。

このページの先頭へ戻る