杉並区 中野区 胃カメラ検査 大腸内視鏡検査 胸やけ 下痢 便秘 吐き気

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニック 胃カメラ 大腸カメラ がん検診

安心できる
苦しくない内視鏡検査

当院は専門的な内視鏡検査を行っております。
胃カメラ検査と大腸カメラ検査それぞれについてご案内させていただきます。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、口または鼻からカメラを挿入し、咽頭(のど)、食道や胃・十二指腸を調べる検査です。

当院では従来の口からカメラを入れる経口内視鏡検査と、鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡検査も行っております。

鎮静剤(静脈麻酔)を用いた苦痛を少なくできる(眠っているような状態)検査方法もあります。
患者様と良く相談の上検査方法を決めさせていただきます。

径の細いカメラにより、苦しさが軽減されています

当クリニックで使用している経鼻用の内視鏡は口からのカメラに比べ約半分の太さです。鼻の通りが悪くなければ苦痛なく検査が受けられます。検査中に会話をすることも出来ます。

花粉症や鼻炎のある方は診察時にお伝えください。他の検査方法をご提案することもあります。

患者様にはなるべく楽に検査を受けて頂けるように配慮しています。

苦しくない鼻からの胃カメラ(内視鏡)検査を受けられます

従来胃カメラ検査は口からカメラを挿入しており、その場合は喉の奥にカメラが触れた際におう吐反射(オエッとなる感覚)がありました。

鼻からの胃カメラ挿入により、のどの奥のおう吐反射をおこしてしまう部分に触れずに検査が可能になりましたので、より苦しさを軽減した形で胃カメラ検査を受けていただけます。

鎮静剤を使用して眠ったままでも検査ができます

どうしてもカメラを入れることに抵抗があったり、検査が怖いと思う方もいると思います。

その場合には、鎮静剤を使用して、患者様には眠ったまま胃カメラ検査を受けていただくことも可能です。お薬を使用して、眠っていただき、起きたら検査が終わっているというように、負担をおかけせずに胃カメラ検査を受けていただけます。

※検査時間:(月・火・木・金・土)9:00~10:00

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は直接大腸の内部を見る方法です。

微細な病変も発見でき、同時に組織検査もできるため確実な診断が可能です。

また、病変があればその場で治療(ポリープやがんの内視鏡的切除)を行います。

大腸がんはがんの中でも死亡数が上位(男性3位、女性1位 2017年度統計)ですが、早期に発見することで治療可能です。

当院では大腸内視鏡検査の経験豊富な医師が検査を行いますので、小さながんも確実に発見することはもちろん、患者さんに安心していただける苦痛の少ない検査を提供いたします。

眠ったまま大腸カメラ検査を受けていただけます

おしりからカメラをいれる、ということにどうしても抵抗があるという方も多いと思います。専門医が患者様になるべく負担の内容ないように検査を行いますが、やはりカメラを挿入しますので、違和感はございます。

当クリニックでは、どうしてもおしりからのカメラが怖いという方には、鎮静剤を使用し、眠ったまま検査を受けていただくことも可能です。

起きたら検査が終わっているというもので、患者さんにはほとんど苦しさもなく大腸内視鏡検査を受けていただけます。

リクライニングベッドにより、スムーズな検査を行っております。

当クリニックではリクライニングベッドを使用しスムーズな検査を行っております。

お座りいただくだけでなくフラットにすることのできるタイプですので、患者様は一度お座りいただければ、その後移動する必要もなく検査前の処置から、検査、回復までスムーズに行うことができます。

炭酸ガスでお腹の張りを軽減

大腸内視鏡検査は、正確な診断のため大腸に空気を送りながら行わなければなりません。

しかし、これらの空気は検査後も大腸に残ってしまうことで、患者さんの不快感につながっていました。
そのため当院では、炭酸ガス送気装置を用いて大腸内視鏡検査を行います。炭酸ガスは、空気に比べ腸に吸収されやすい特徴があるため、検査後のお腹の膨らみ解消が早く、患者さんの不快感を最小限に抑えることができます。

※検査時間:(月・火・木・金)14:00~15:00、(土)13:30~15:30

このページの先頭へ戻る