方南町 胃腸内科・内視鏡クリニック|杉並区 中野区 消化器内科 胃カメラ 大腸内視鏡検査

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:00、14:00~18:30|土曜は9:00~12:00、13:30~15:30|水曜、日・祝は休診

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの電話番号03-3317-0311

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックは方南町駅より徒歩30秒の便利なところにございます

お問合せはこちら

大腸内視鏡検査に使用する
下剤のご説明

大腸内視鏡検査では、大腸内をキレイにし検査をしやすくするために、患者様には下剤を飲んでいただきます。

しかし、たくさんの下剤を決められた時間に飲むのが苦手という患者様は多くいらっしゃいます。

当院では、比較的飲みやすく、患者様の負担が少ない下剤を2種類ご用意しております。下剤に選択肢がありますので、患者様それぞれに合うものを使用していただけます。


患者様の飲みやすい下剤を選んでいただけます

当院では2種類の下剤を用意しておりますので、患者様がなるべく飲みやすいものを選んでいただけます。

以下にそれぞれの下剤の特徴をご紹介いたします。

それぞれの下剤の特徴紹介

モビプレップ
~量が少なく、洗浄も速いタイプ~

比較的新しい下剤で、現在では広く使用されています。

こちらの下剤は、他のものと比べて合計の水分服用量が少なく(約1.5L前後)、また腸内洗浄にかかる時間も少ないことが特徴です。味はややすっぱい、濃いめの味で、スポーツドリンクのような甘さが苦手という方には向いています。

短所としては、下剤が濃い液体であるため、体がやや脱水状態になり、内服の後半には水分補給が必要になることです。特に高齢者や腎機能の悪い方には不向きです。

モビプレップの準備・飲み方についてはこちら(メーカーサイトへ移動します)

ピコプレップ
~1回あたり飲む量が少ないタイプ~

こちらは最近新しく登場した下剤です。

他の下剤と異なり、寝る前と起きてからの2回に分けて飲むタイプで、最大の利点は、下剤量が150mlと非常に少ないことです。

さすがにそれだけでは大腸が綺麗にならないために、下剤の間に水分を摂って頂きますが、その際に飲んでいただく飲料は、透明であれば患者様のお好きな飲み物で大丈夫というところも魅力的です(水・お茶・スポーツドリンク、具のない透明なスープ・・・など)。

短所は睡眠を挟んでいるため、就寝時に便意が起きてしまうとよく眠れない場合がある事です。また仕事などで帰宅が遅いという方にも向いていません。

ピコプレップの服用方法~検査前日と検査当日に服用される方へ~

PDF形式の資料はこちらからダウンロードできます

なるべく楽に大腸内視鏡検査を受けましょう

食べ物の好き嫌いと同じく、下剤にも好みがあります。
ただ病院から一方的に「これを飲んでください。」といわれるよりも、できるだけ患者さん自身にあったものが選べる方がうれしいですよね。

当院では患者様の好みに合わせて対応させていただきます。
以前の大腸内視鏡検査で下剤が苦手だったという方も、次は違った下剤を試してみてはいかがでしょうか?
当院の大腸内視鏡検査の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ戻る