方南町 胃腸内科・内視鏡クリニック|杉並区 消化器内科 胃カメラ(胃内視鏡検査)大腸内視鏡検査

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:00、14:00~18:30|土曜は9:00~12:00、13:30~15:30|水曜、日・祝は休診

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックの電話番号03-3317-0311

方南町 胃腸内科・内視鏡クリニックは方南町駅より徒歩30秒の便利なところにございます

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ)は、口または鼻からカメラを挿入し、咽頭(のど)、食道や胃・十二指腸を調べる検査です。

当院では従来の口からカメラを入れる経口内視鏡検査と、鼻からカメラを挿入する経鼻内視鏡検査も行っております。
鎮静剤(静脈麻酔)を用いた苦痛を少なくできる(眠っているような状態)検査方法もあります。
患者様と良く相談の上検査方法を決めさせていただきます。

胃カメラ検査で発見・診断できる病気

  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 胃潰瘍やポリープ
  • 急性・慢性胃炎
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍・がん など

鼻からの胃カメラ検査のメリット

1. 不快感が少ない

経鼻胃カメラ検査のカメラはとても細く(直径5.4mm)、患者さんにとっては負担の少ない検査方法です。

従来の口からの挿入に比べ、鼻からカメラを入れることで舌の根元に触れないので嘔吐反射(オエーーっという反射)が少なくなります。

2. 検査中に会話ができる

鼻からの挿入であるため、検査をしながら医師と会話ができます。
検査中話をしてほしいというわけではないですが、最大の利点は、何かあった時に医師にそれを伝えていただけることです。

口からの挿入ではマウスピースを加えることもあり、ジェスチャーでしかコミュニケーションが取れませんが、経鼻胃カメラ検査では医師に直接質問したり感覚を伝えたりできますので、安心して検査を受けていただけます。

3. 検査後すぐに普段通りの生活ができる

検査時には、鼻とのどにスプレーの局所麻酔をするくらいで、注射などは行いません。
そのため検査後の回復がはやく、すぐに普段の生活へお戻りいただけます。

※鼻炎などで鼻腔が狭くカメラが通らない方や口からの検査をご希望される方は、口からの経口内視鏡検査にさせていただきます。経口内視鏡の場合は鎮静剤の使用で寝ているうちに検査してしまう方法も選べます。

検査の流れ

1. ご予約

まずは検査の予約をお願いします。お電話または外来の受診時にお申し付けください。

2. 検査前日

21時までにお食事を済ませていただき、それ以降は水かお茶、スポーツドリンクなどであれば飲んでいただいて構いません。

3. 検査当日

検査時間の1時間前までは水分を飲んでいただいて構いません。
検査の前処置として鼻やのどの局所麻酔などを行い、検査を実施します。検査時間は観察するだけであれば5~10分ほどの短い時間で済みます。

鎮静剤を使用する場合は検査前に点滴をしてお待ちいただきます。

4. 検査後

回復は早いですが、院内でお休みいただくことも可能です。

5. 検査結果のご説明

検査終了後に診察室で患者さまとモニターを見ながら丁寧にご説明いたします。
病理検査(組織を取った)をした患者さまは、後日その結果をお伝えします。

病理検査をした方は検査当日はアルコールや香辛料など刺激の強いものは控えてください。なるべく消化のいいものを召し上がってください。

あてはまる方はお気軽にご相談ください

  • のどの違和感、胸やけ、食べ物がつかえる
  • 胃もたれ、胃の痛み、食欲低下
  • 貧血を指摘された、体重が減ってきた
  • タバコを吸う、お酒を良く飲む
  • 健診でピロリ菌が陽性だった
  • 検査を受けなければと思っているが、不安で気が進まない

定期的な胃カメラ検査で、大きな病気を予防しましょう

胃カメラ検査は病気を早く発見するためのものです。
定期的に受けていただくことで、万が一がんになってしまったとしても早期発見することで治療できる確率が高くなります。

慢性萎縮性胃炎、ピロリ菌感染の疑いのある方は特に定期的に胃カメラ検査を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ戻る